平成28年9月5日


平成28年度 認定薬剤師更新・更新保留申請に係るご案内



 2016年12月31日をもって認定期間が満了する本学会の認定薬剤師(指導薬剤師を含む)で、認定の更新をご希望される方は、更新申請の手続きをしていただく必要があります。更新申請にあたり、学会・学術集会への参加・発表、学会・学術誌への論文掲載などの実績に基づき、所定 の単位を満たした上で申請し、審査を経なければなりません。また、やむを得ない事情により、更新に必要な所定の単位を取得していない方のために、更新の保留手続きも受け付けいたします。
 平成28年度の更新申請ならびに保留手続きを、以下のとおりご案内いたします。


  1. 更新対象者
    1)認定薬剤師の認定期間が2016年12月31日で満了する方
    2)平成26年度または27年度の更新保留者 (保留が認められた方に限る)

    【注1】 指導薬剤師の委嘱期間が2016年12月31日で満了する場合の更新について 指導薬剤師の委嘱者は必ず認定薬剤師の認定資格も有しており、指導薬剤師の委嘱期間と認定薬剤師の認定期間の満了日は一致しています。指導薬剤師の更新は認定薬剤師の更新申請に統合した形で申請受付・審査されますので、認定薬剤師の更新申請手続きを行ってください。審査の結果、認定薬剤師として今後5年間の更新が認められれば、指導薬剤師の委嘱期間も連動して更新されます。

  2. 更新に必要な条件
    次の2つの条件を満たさなければなりません。
    1)認定薬剤師の認定期間中、継続して本学会の会員でなければなりません。
    2)認定薬剤師の認定期間中の研修参加等の単位として50単位が必要です。
    ・ 50単位のうち、本学会主催の年会・公開シンポジウムへの参加・発表ならびに本学会誌「医療薬学」への論文掲載に係る単位の合計として30単位以上が必要です。
    ・ 更新の単位として算入する全ての業績について、証明書類が必要です。

    <ダウンロード>
    【別表】 認定薬剤師更新に必要な所定単位表及び添付資料(PDFファイル)

  3. 更新の保留
    1)海外留学、出産・育児休暇、病休等による場合には、最長2年間、更新を保留することが認められます
    2)「認定薬剤師更新手続き保留申請書」に、更新を保留する理由を記載し提出してください
    3)保留の諾否については、審査があります
    4)更新の保留が認められ、来年又は再来年度に更新する際の認定期間は、更新日より5年間です。
    5)更新の保留期間中は「認定薬剤師(指導薬剤師を含む)」を呼称することはできません

    【注2】 認定期間中、年会費に未納の場合がある場合には更新または保留ができません。
    【注3】 単に更新単位の不足を理由とする保留は認められません。

  4. 更新申請書の入手方法
    認定薬剤師更新申請書は、こちらからダウンロードしてください。当該ファイルには、3種類の申請書式等(表1参照)がワークシートに分割され含まれています。

    <ダウンロード>
    認定薬剤師更新申請書 ( Excelファイル )  ※9月8日にExcelファイルを変更しています

    表1. 認定薬剤師更新申請書(Excel ファイル)の構成
    ワークシートの名称
    書式番号及び書式名
    更新申請書
    更新書式 1  認定薬剤師更新申請書
    研修単位
    更新書式 2  更新単位の一覧
    チェックリスト
    認定薬剤師更新申請に必要な提出物のチェックリスト

    【注4】 研修単位取得一覧(更新書式2)については、上記2の「別表:認定薬剤師更新に必要な所定単位表及び添付資料(PDFファイル)」を参照の上、作成してください。なお、各種証明書類を提出できないものは無効ですので記載しないでください。

  5. 更新保留申請書の入手方法
    認定薬剤師更新保留申請書は、こちらからダウンロードしてください。

    <ダウンロード>
    認定薬剤師更新保留申請書 ( Excelファイル )

  6. 提出書類等
    (1)更新申請に必要な書類等
    1)日本医療薬学会 認定薬剤師更新申請書 (更新書式1、更新書式2 の2種類)
    ① 申請情報を入力しプリントアウトした更新申請書
    (更新書式1には、申請者の捺印が必要)
    ② 申請情報を入力したExcelファイル
    (CD-R または USBメモリ等に保存して提出してください)
    ※ Excelファイルの名称は、申請者の氏名.xlsx(又はxls) としてください。

    2)更新単位の証明書類等(下記の②については、1種類の証明書類につき2部ずつ提出してください)
    ① 学術集会への参加証明: 学術集会の参加証・ネームカード等のコピー
    ② 発表、論文掲載の証明: a) 講演要旨集の表紙、発表演題に該当箇所のコピー
    b) 学術論文の別刷またはコピー

    3)申請に必要な提出物のチェックリスト

    【注5】 申請に供する更新単位について
    上記2.「更新に必要な条件」を満たしていれば更新が認められます。数多くの業績を有している場合でも、審査は更新に必要な要件を満たしているか否かの判定になりますので、概ね80単位程度を上限とする業績をもって申請してください。
    【注6】 申請書、申請情報を入力したExcelファイルを記録したCD-R または USBメモリ等を含め、本申請に供されたものの返却はいたしませんので、予めご了承ください。


    (2)更新保留申請に必要な書類
    ・認定薬剤師更新保留申請書 (更新保留書式1)
     申請情報を入力しプリントアウトした更新保留申請書(申請者の捺印が必要)
     (更新保留申請の場合は、Excelファイルの提出は不要です)

  7. 更新審査料
    本申請では、更新審査料として 16,200円(税込)をお支払いいただきます。

    <更新審査料の振込先>
    更新審査料(16,200円)を、下記の口座にお振込みください。
    ・振込先 : みずほ銀行 渋谷中央店 (店番号:162)
     普通 口座番号: 1282140
    ・加入者名: 一般社団法人日本医療薬学会
     シャ)ニホンイリョウヤクガクカイ
    ・振込人の名義: 申請者の氏名


    【注7】更新審査料に関する留意事項
    1)振込手数料は、申請者される方お支払いください。
    2)不認定や自己都合による申請の取り下げなどの際には、返金対応をいたしません。
    3)申請者の本人ではない名義からの振込について
    所属施設の口座等からお振込みになる場合には、振込手続き後、下記9.のお問い合わせ先に、E-mail にて振込日、振込名義及び金額、申請者の氏名に関する情報を必ずお送りください。

  8. 申請受付期間
    平成28年9月26日(月)〜11月8日(火) 必着

  9. 申請書類送付先
    郵便番号 150−0002
    住所 東京都渋谷区渋谷2−12−15 日本薬学会長井記念館7階
       一般社団法人日本医療薬学会事務局

    <送付方法> 配達状況を確認できるレターパックプラス(推奨)をご利用の上、封筒のおもてに「認定薬剤師更新申請書在中」または「認定薬剤師保留申請書在中」と朱書し、本学会事務局に提出してください。

    【注8】 申請書の配達状況の確認について、学会事務局より申請書類の受領に関するお知らせの対応はいたしません。必ず、配達状況が確認できる方法をご利用いただき、申請者ご自身で状況のご確認をお願いします。

    <お問い合わせ先>
    本申請に係るお問い合わせは,E-mail(info@jsphcs.jp)までご連絡ください。

  10. 更新審査結果の通知および登録
     認定薬剤師制度委員会での審議及び理事会の承認を経た後、翌年1月中旬頃までに審査結果を通知いたします。新たな認定証につきましては、平成29年3月下旬を目途に認定薬剤師の更新が認められた方に送付する予定です。併せて、氏名および所属施設名を本学会ホームページ上で公表いたします。指導薬剤師も更新になる方への委嘱状の送付につきましても、認定薬剤師の認定証に同封いたします。

  11. 更新後の認定期間
    2017年1月1日〜2021年12月31日までの5年間になります。
    なお、指導薬剤師の方は、指導薬剤師の委嘱期間も同一期間になります。





Copyright © JSPHCS. All rights reserved.